1. HOME
  2. ニュースリリース
  3. すみずみ君Ver3.20.0(Utility025) をリリースしました ~検査結果ファイルの文字コード変更~

すみずみ君Ver3.20.0(Utility025) をリリースしました
~検査結果ファイルの文字コード変更~

2021年01月08日

すみずみ君Ver3.20.0(Utility025) をリリースしました。
検査可能なファイル形式の追加を行いました。
上記を含めた主な変更点は以下の通りです。

(1)検査結果ファイルの文字コード変更
   検査結果ファイルの文字コードをUTF-8に変更できるようにしました。

(2)特殊フォルダ指定文字列の利便性向上
   以下の設定項目で、特殊フォルダ指定文字列(マイドキュメント等のWindows特殊フォルダを指定するための文字列)に
   続けてパスを設定できるようにしました。
   例えば、マイドキュメント以下の「sample」フォルダは「MyDocument\sample」と設定できます。
   ・検査結果ファイル出力フォルダ
   ・一時フォルダ
   ・検査対象フォルダ
   ・個別検査除外ファイル設定ファイル入出力フォルダ
   ・差分検査基準ファイル入出力フォルダ

(3)検査除外フォルダ/ファイルの利便性向上
   検査除外フォルダ/ファイルで特殊フォルダ指定文字列を使用できるようにしました。
   これにより、ログオンユーザごとにパスが変わるユーザプロファイル領域以下のフォルダ/ファイルの除外が柔軟にできるようになりました。

(4)文字コード判定優先順位変更
   検査対象ファイルがテキストファイルで、ファイルに含まれるテキストデータが2つの文字コード(UTF-8/SJISまたはUTF-8/EUC)として
   成立し得るデータであった場合、UTF-8として処理するように変更しました。

(5)検査可能なファイル形式の追加
   以下の形式のファイルの検査に対応しました。
   ・Microsoft 365 Windowsデスクトップ バージョン 2006 (ビルド 13001.20384)
   ・Microsoft Web用Word 16.0.13120.41004
   ・Microsoft Web用Excel 16.0.13129.31875
   ・Microsoft Web用PowerPoint 16.0.13131.36625

今後とも弊社製品をよろしくお願いいたします。

無償評価版/資料請求・
お問い合わせはこちらから