1. HOME
  2. すみずみ君
  3. すみずみ君の仕様

すみずみ君の仕様

主な機能

すみずみ君
検 査
  • 個人情報検出アルゴリズムに基づき指定されたフォルダの中を検査し、個人情報を含む可能性のあるファイルの一覧を表示します。
  • 個人情報検出アルゴリズムに基づきメールボックスを検査し、個人情報を含む可能性のあるメール添付ファイルの一覧を表示します。
    • ※メール添付ファイルは「すみずみ君」からオープンすることはできません。
  • 辞書は最大10個までご利用可能です。
  • コマンドラインから実行可能です。
  • 過去の検査から新規作成、更新したファイルのみの検査する差分検査が可能です。
    • ※バージョンアップや検出条件変更後の初回検査は全ファイル検査が必要です。
  • ファイルのプロパティに含まれる文字列を検査可能です。
    • ※検査できないプロパティが存在します。
印 刷 検査結果を印刷します(検査実施コンピュータ名、検査開始・終了日時、検出ファイル名などを印字)。
検出ファイルに
対する是正処置
検査結果一覧で選択されたファイルの内容確認、検出文字列の確認、移動、削除、次回以降の検査除外等ができます。
表示されたファイル名をダブルクリックすることによりファイルをオープンすることができます。
パスワードロックファイルの場合は、そのファイルが存在するフォルダをオープンします。
圧縮ファイルは検出文字列の確認はできません。また、メール添付ファイルは移動、削除、次回以降の検査除外はできません。
設定ユーティリティ
使用する辞書の
選択
すみずみ君で使用する辞書を標準辞書、追加辞書(辞書カスタマイズサービスで作成した辞書)及びユーザ辞書(お客様ご自身で作成した辞書)から選択できます。
検出閾値変更 辞書ごとの検出閾値を変更できます。
辞書の組み合わせ 複数の辞書を組み合わせた条件を設定可能です。
例)「名字20件以上」かつ「住所20件以上」かつ「電話番号20件以上」
ユーザ辞書作成 「社外秘」などの固定キーワードを登録した辞書を作成できます。
また、正規表現を使うことで「お客様固有の顧客番号」などの固定キーワードでは検出できない情報を検出する辞書も作成できます。

検査対象

ユーザにより指定されたフォルダ内に保存されているファイル及びメール添付ファイルが検査対象となります。
検査可能なファイル形式は以下の通りです。

ファイル検査
検査可能な
ファイル形式
  • Microsoft Word 97 / 98 / 2000 / 2002(XP) / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016 / 2019
  • Microsoft Excel 97 / 2000 / 2002(XP) / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016 / 2019
  • Microsoft Power Point 97 / 2000 / 2002(XP) / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016 / 2019
  • Microsoft Word for Mac 98 / 2001 / 2004 / 2008 / 2011 / 2016 / 2019
  • Microsoft Excel for Mac 98 / 2001 / 2004 / 2008 / 2011 / 2016 / 2019
  • Microsoft Power Point for Mac 98 / 2001 / 2004 / 2008 / 2011 / 2016 / 2019
  • Microsoft Visio 2002(XP) / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016 / 2019
  • Microsoft 365 Windowsデスクトップ バージョン 2006 (ビルド 13001.20384)
  • Microsoft Web用Word 16.0.13120.41004
  • Microsoft Web用Excel 16.0.13129.31875
  • Microsoft Web用PowerPoint 16.0.13131.36625
  • Microsoft XPS Dcument
  • 一太郎 V7-V13 / 2004-2019(JFWファイル、JTDファイル)
  • PDF Adobe Acrobat 4.0 / 5.0 / 6.0 / 7.0 / 8.0 / 9.0 / Ⅹ(10.0) / Ⅺ(11.0) / DC
  • ODF 1.1 / 1.2(ワープロ・表計算・プレゼンテーション)
  • RTF 1.0-1.9
  • eml
  • テキストファイル(JIS / EUC / SJIS / UTF-8 / UTF-16)
  • マークアップ言語(HTML / XML / SGML)
  • 圧縮ファイル(zip、lha、tar、tgz、7z)
  • DocuWorks 7 / 8 / 9
  • ※埋め込みフォント、コンポジットフォントなどで記述された一部のPDF文書には未対応の場合があります。
  • ※圧縮ファイルは、通常10階層まで展開し検査します。ただし、圧縮形式が”tgz “の場合、”tar”の展開、”gz”の展開で2階層必要となりますので、ご注意ください。
  • ※圧縮ファイルを展開するだけの十分なハードディスク空き容量がない場合、圧縮ファイルの正常な検査はできませんので、ご注意ください。
  • ※文書テンプレートなど一部のMicrosoft Officeファイルには未対応の場合があります。
  • ※DocuWorksファイルは、検査実施PCにDocuWorks本体がインストールされていないと検査できません。
検査可能な
パスワード
ロック形式

以下の形式のパスワードロックファイルはパスワードロックファイルであることを検出できます。

  • Microsoft Word 2002(XP) / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016 / 2019
  • Microsoft Excel 2002(XP) / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016 / 2019
  • Microsoft Power Point 2002(XP) / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016 / 2019
  • Microsoft Word for Mac 2004 / 2008 / 2011 / 2016 / 2019
  • Microsoft Excel for Mac 2004 / 2008 / 2011 / 2016 / 2019
  • Microsoft Power Point for Mac 2004 / 2008 / 2011 / 2016 / 2019
  • 一太郎 V7-V13 / 2004-2019(JFWファイル、JTDファイル)
  • PDF Adobe Acrobat 6.0 / 7.0 / 8.0 / 9.0 / Ⅹ(10.0) / Ⅺ(11.0) / DC
  • ODF 1.1 / 1.2(ワープロ・表計算・プレゼンテーション)
  • Zip(ZIP File Format Specification Ver 6.3.2)
  • 7z
検出可能な
暗号化ファイル
  • アルプス システム インテグレーション株式会社製 InterSafe FileProtection
  • 東芝情報システム株式会社製 Secure Protection(シャルム暗号方式)
検査されない
ファイル形式
  • 上記の検査可能なファイル形式以外のファイル
  • パスワードで保護されているファイル (パスワードロックファイルを検出する設定の場合はパスワードロックファイルとして検出します)
  • 暗号化されているファイル
  • ファイルを読み込むためのアクセス権限がないファイル
  • ファイルサイズが1.5GBを超えるファイル
  • ファイルに含まれるテキストデータのサイズがUTF-8で4GB以上のファイル
  • 破損しているファイル

※ファイルサイズ、テキストデータサイズが上記制限内のファイルであっても、すみずみ君実行端末のリソース状況によっては検査できないことがあります。

メール添付ファイル検査
検査可能な
メール添付
ファイル
  • Microsoft Outlook 2002 / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016 / 2019 のメール添付ファイル
  • Microsoft Outlook Express 6.0 のメール添付ファイル
  • Mozilla Thunderbird 3.0 / 3.1 のメール添付ファイル

※メールソフトが起動している場合、メール添付ファイルの正常な検査が行なえない場合がありますので、ご注意ください。

検査されない
メール添付
ファイル
  • 上記の検査可能なメールボックス形式以外のメールボックスのメール添付ファイル
  • ファイルサイズが20GB以上のメールボックスファイル
  • 「From:」「Date:」が存在しないメールを含むメールボックスファイル
  • 破損しているメール添付ファイル
クラウドストレージ検査
検査可能な
クラウド
ストレージ
  • Box
  • ※検査実施PCにBox Driveをインストールし、Boxフォルダを検査してください。
  • ※Box Drive は最新バージョンである必要があります。
  •  最新バージョン以外を使用した検査は動作保証外です。

すみずみ君動作環境

すみずみ君
OS
  • Windows 7 Home Premium (32bit/64bit)
  • Windows 7 Professional (32bit/64bit)
  • Windows 7 Enterprise (32bit/64bit)
  • Windows 7 Ultimate (32bit/64bit)
  • Windows 8.1 Enterprise (32bit/64bit)
  • Windows 10 Home (32bit/64bit)
  • Windows 10 Professional (32bit/64bit)
  • Windows 10 Enterprise (32bit/64bit)
  • Windows 10 Education (32bit/64bit)
  • Windows Server 2008 Standard (32bit/64bit)
  • Windows Server 2008 Enterprise (32bit/64bit)
  • Windows Server 2008 Datacenter (32bit/64bit)
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard
  • Windows Server 2012 R2 Datacenter
  • Windows Server 2016 Standard
  • Windows Server 2016 Datacenter
  • Windows Server 2019 Standard
  • Windows Server 2019 Datacenter

※VDI環境でご利用される場合は、すみずみ君営業窓口までお問い合わせ願います。

CPU 2GHz以上
メモリ 2GB 以上
HDD
空き容量
300MB以上
圧縮ファイルを検査する場合は、圧縮ファイルを展開するために十分な空き容量が必要です。
S/W DocuWorks ファイルを検査する場合、検査する DocuWorks ファイルのバージョンに対応した DocuWorks が検査実施端末にインストールされている必要があります。
設定ユーティリティ
OS すみずみ君と同じ
CPU 2.33GHz以上
メモリ 2GB以上

※辞書セットを出力する際に必要となるメモリ容量は、辞書セットで使用している辞書の数、内容によって増減します。

HDD
空き容量
5GB以上(ユーザ辞書数、辞書セット数に依存して増減します)
S/W .NET Framework 4.5.2 以上
集計ユーティリティ
OS すみずみ君と同じ
CPU 2.33GHz以上
メモリ 2GB以上
HDD
空き容量
50GB以上 (検査対象PC数、検査結果数、検出ファイル数に依存して増減します)
S/W .NET Framework 4.5.2 以上

※本製品ならびに個人情報アルゴリズムは、各種情報の漏洩防止を保証するものではありません。また、ここでいう「個人情報」は、「個人情報の保護に関する法律」で定義される内容をすべて包含するものではありません。「すみずみ君」の個人情報検出アルゴリズムについては、三菱スペース・ソフトウエア株式会社が特許権を所有しています。

※「すみずみ君」は三菱スペース・ソフトウエア株式会社の登録商標です。

※記載されている社名及び製品名は、すべて各社の商標または登録商標です。

無償評価版/資料請求・
お問い合わせはこちらから