連携製品

Secure Protection

情報漏えいソリューションSecure Protection。重要ファイルを自動で探して、守り、追跡・消去

サービスの概要

重要なファイルを「探して」「守る」情報流出・紛失対策の新たなソリューション

重要・機密情報ファイルを
(1)「自動で探す」 (2)「自動で守る」 (3)「管理して追跡する」 (4)「あとから消す」
いままでにない仕組みで情報を強固に守ります。

企業の課題

  • 重要なファイルは手作業でパスワード付きZIP 化しているが、暗号化のし忘れが心配だし、参照時パスワード入力の手間がかかる。
  • 社外にファイルを提供する必要があるが、提供先の情報セキュリティがどうなっているか不安だ。
  • 情報セキュリティに関する社員教育を徹底しているつもりだが、人為的ミスを完全に防ぐことは困難だ。
  • マイナンバー制度への対応をはじめ、情報流出対策の強化が求められるが、なにからはじめていいか分からない。
  • どんなに注意してもファイルの誤送信は起きてしまう。あとからファイルを消すことはできないものか。
  • 標的型攻撃によりマルウェアに感染してしまうと情報流出をふせぎきれないのではないか。

情報漏えいソリューションSecure Protection 自動的に重要・機密ファイルを「探して」「守る」から、簡単・安心。

情報セキュリティ事件の中でも大半を占めるのが情報流出・紛失です。さまざまな対策や努力にもかかわらず、情報の流出が防げないのであれば、必要なのは「情報が流出する」ことを前提とした対策です。
個人情報などが含まれた重要・機密ファイルを探し、暗号化し、管理・追跡し、流出した場合には消去する。このすべてを自動的に実行する情報漏えい対策ソリューション、それがSecure Protection です。

Secure Protection は、「探索条件」「閲覧条件」を含む定義ファイルを配信するだけで、重要・機密ファイルの検索、暗号化、閲覧制限などの操作を自動で実行。これまでの業務に支障をきたすことなく、セキュリティポリシーを徹底できます。
万が一ファイルが流出しても、リモートで「あとから消す」ことができるので、ファイルの中の機密情報の漏えいを防止します。

セキュリティ事故・事故発生状況のグラフ。情報流出の4つの経路

情報流出が防ぎきれないのであれば、 「情報流出は起きる」ことを前提とした対策が必要!!

Secure Protection は、守るべき情報を探し、暗号化し、管理・追跡し、万一の流出の際はファイルを消去する一連の動作を自動的に実行。さまざまな原因による情報流出・紛失を抑止します。

重要なファイルを「自動で探す」「自動で守る」「管理して追跡する」「あとから消す」
Secure Protection 利用イメージ

Secure Protection の導入メリット

導入メリット

各エディションの機能

各エディションの機能

お求めやすい価格でご提供!

安心のセキュリティをリーズナブルな価格でご提供。「探して」「守る」を小規模から導入できます。

スタートエディション:PC100代同時導入、1年あたり年額6,500円(税抜)※詳細はお問合せください。

探索対象・暗号化対象

ソフトウエア名 探索対象 暗号化対象
スタンダード
エディション
アドバンス
エディション
Microsoft Word
Excel
PowerPoint
Access
ワードパッド
XPS  
メモ帳
テキスト HTML  
XML  
SGML  
OpenOffice.org Writer
Calc
Impress
Libre Writer
Calc
Impress
Adobe Acrobat
JustSystems 一太郎
圧縮ファイル zip  
lha  
tar  
tgz  

※一部動作対象外のファイル形式があります。動作対象について詳しくはお問合せください。

Secure Protectionについて詳しくは東芝情報システム株式会社のページをご覧ください。

[←] 前のページに戻る

カタログダウンロード

カタログ・資料等をPDF形式でダウンロードできます

無償評価版

簡単操作ですばやく検出無償評価版を一度お試しください

お問い合わせ

詳しくはお電話、またはメールでお問い合わせください